「ふるさと納税」している50代男性は平均12万円も使っている

2016.06.09

税金各種

「ふるさと納税」に関する調査
「食」に関する調査研究機関の「ホットペッパー グルメ リサーチセンター」が行なった、ふるさと納税の調査結果が公開されています。
調査対象は、首都圏、関西圏、東海圏に在住の…

続きはこちらから
リンク先:シニアガイド

この記事へのボイス

多いですね…ふるさと納税している方。

税務的には寄附金控除も受けれるし、返礼品ももらえるし、確かにお得な制度です。
ただし、返礼品は実は「雑所得」になるのをご存知でしょうか?
まあ、サラリーマンの場合20万円までなら確定申告は必要ないですけど…。

資産家の方で多額の返礼品をもらっている方もいらっしゃると思いますけど
申告した方がいいですよ。
そろそろ税務署も動き出しますから。

以上

6GOODボイス! |この税理士にコンタクト

2016/06/10

ふるさと納税は自治体からの返礼品が魅力的であれば、今のところやらない手はないと言えるほどの制度になっています。自治体の過当競争となっている面もあるので、制度の見直しが入るかもしれませんね。

1GOODボイス! |この税理士にコンタクト

2016/06/10

ふるさと納税の趣旨はよいと思いますが、制度設計に少し問題があると思います。返礼品の獲得が過熱気味になっています。2,000円だけの負担でそれ以上の価値の返礼品がもらえればうれしいとは思いますが、ふるさと納税をすると今自分が住んでいる地方自治体の税収が減るということも意識する必要があります。ふるさと納税を受ける自治体も返礼品にかかるコストを考えると期待するほど財政が改善しなかったり、地域も返礼品に頼る経済になってしまったりする恐れもあります。また、高額所得者ほど有利な制度となってしまっているので少し見直しをした方がよいのではないでしょうか。

犬山忠宏税理士事務所

1GOODボイス! |この税理士にコンタクト

2016/06/12

このカテゴリに関連する記事

配当金の源泉税について 税金各種

配当金の源泉税について

源泉徴収と聞くと、給与から勝手に差し引かれている、あれかぁ~と思われる方が多いかと思います。その通りで配当金の源泉徴収にしても、同じ仕組みです。ただ、あっちも、こっちも株式やらETFやら口座を開いていて、こっちの口座では利益がでたけれども、あっちの口座では損が出たから合わせた損益をみて税金を支払いたいという方のためには、別な方法もあることを別な機会で紹介いたしました。

4Voices

朋祿会 税理士合同事務所
 所得税の源泉徴収は日本で発達した(し過ぎた)制度で、納税者にとっても課税当局にとってもコストが少なくて済む制度です。ただし、「し過ぎた」と書いたのは、あまりにも精緻で良くできた制度なので、納税者に納税意識が希薄なこと、及び源泉徴収義務者(記事でいうところの「それを取り仕切る人」)の負担が大きいことが難点として挙げられるからです。よく納税者から税金のことはよくわからないと言われますがその原因の過半はできすぎた源泉徴収制度にあるとの批判が学者から聞かれます。また源泉徴収義務者の立場からは有無を言わさず義務を課され、その上支払先のマイナンバーの収集管理も必要となり益々面倒となりました。  なお、標題の配当金の源泉徴収についていえば、記事によれば所得税確定申告で清算されるとありますが、正確に言えば小口の配当については申告を要しない制度、つまり源泉徴収だけで納税が完了する制度がありますので、少額の投資家にとってはとても便利な制度といえます。その意味ではまさしく厳選徴収です。

朋祿会 税理士合同事務所

公認会計士酒井健一事務所 太鼓地会計事務所 前田勝昭公認会計士・税理士事務所

TRUSTAX編集部 2016.04.25