税理士探しの新しいかたちを提案するTRUSTAX

大食い王が厳選「ふるさと納税」返礼品セレクト9 わずか2000円で最高の食材を堪能!【2.ジャイアント白田さん】:PRESIDENT Online - プレジデント

2016.05.19

税金各種

続きはこちらから

この記事へのボイス

こういった商品は、たぶん選んでいるときが一番幸せなんじゃないでしょうか。食べたり、飲んだりするのは一瞬ですからね。とはいえ記事の中で、宮崎牛モモスライス(都城産)のコメント欄に「サシと赤身のバランスも抜群でまさに「A5の中のA5」の肉だ。」っていう記載があるんですけど、どんなお肉なんでしょうか。個人的にはかなり気になります。

櫻井昭一税理士事務所

4GOODボイス! |この税理士にコンタクト

2016/05/19

私も実際に普段買わないような魚をお礼の品として、頂きましたがとても満足しました。お礼の品だけで自治体を選ぶのはふるさと納税の趣旨に外れているとは思うのですが、それを機会に尋ねてみようというような波及効果は少なからずあるのかなと思いました。

松本唯明税理士事務所

0GOODボイス! |この税理士にコンタクト

2016/05/25

記事の内容より、「ジャイアント白田」さんが執筆されている点が一番驚きました(笑) 我が家的には、5千~1万円程度で、各地の「肉」にフォーカスし、400g以上の量を供給する先を重要視しています。別に肉でなくてもいいのですが、1万円程度から小口発注でき、小口で半年間ほどさざ波のように宅配されてくるので、肉好きには最も満足度が高く、幸福感が持続します。(笑)

0GOODボイス! |この税理士にコンタクト

2016/05/31

このカテゴリに関連する記事

車に発生する税金について 税金各種

車に発生する税金について

自動車を取得すると、たくさんの税金が掛かってきます。 ① 自動車取得税 ② 自動車重量税 ③ 自動車税 ④ 軽自動車税 ⑤ 燃料税 ⑥ 消費税 です。自動車を法人が仕事で使用する場合には、経費として計上できるので、多少は気分的に良いとは思いますが、個人の場合は、重くのしかかってくる感じではないでしょうか。特に、燃費の良くない車は、中古車では安くでているため、貯蓄の少ない世代では、本体は安いけれ

4Voices

たかがき会計事務所
車の燃料について、消費税の計算上注意しなければならないことがあります。 レギュラーやハイオクなどについては、支払った金額全額が課税仕入れとなりますが、軽油については「軽油引取税」部分が課税対象外取引となります。 レギュラーやハイオクなどを給油した際も、ガソリン税を払っているのになぜ?と思われる方もいるのではないでしょうか。 実は私たち最終消費者は、ガソリン税という税金の納税義務者ではありません。ガソリンの製造者や輸入車が納税義務者となっており、その税額相当額をガソリンの価格に上乗せしているに過ぎないのです。 私たち最終消費者としては、ガソリン税相当額を支払い、さらにその相当額に課税される消費税まで支払っています。俗に言う「二重課税」という問題です。このように二重課税の状態になっている税金は他にもたくさんあります。

たかがき会計事務所

前田勝昭公認会計士・税理士事務所 竹中稔会計事務所 公認会計士酒井健一事務所

TRUSTAX編集部 2016.04.10

pagetop