税理士探しの新しいかたちを提案するTRUSTAX

2016.07.31

マネー・投資

続きはこちらから
リンク先:PRESIDENT WOMAN Online

この記事へのボイス

あまりお金ばっかり気にして生きる人生もどうかと思いますが。

Hiura Tax Office

0GOODボイス! |この税理士にコンタクト

2016/08/04

このカテゴリに関連する記事

20代~40代の女性千人が答えた、意外な貯金の目的 マネー・投資

20代~40代の女性千人が答えた、意外な貯金の目的

大人女子のホンネ&ライフスタイルWebマガジンサイト「モコモコ」が、「何を我慢して節約をし、何のために貯金をしているのか」というアンケートの結果を公開しています。

5Voices

朋祿会 税理士合同事務所
ある人生の先輩が社会人なりたての私に「金の使い方三分法」なるものを伝授してくれました。 第一 今を楽しむために使う。第二 将来のために使う。第三 将来のために残す。 第一は普通につかい、第二は将来の投資(例えば勉強するとか体を鍛えるとか)に使い、第三は将来に備えて貯蓄するということと理解しました。されど、私は第一に偏り過ぎ、第二第三はほとんど実践できなかったと、伝授していただいたころの先輩の年頃をおそらく超えたと思うこの歳にして反省しています。 さて、タイトルの件です。 私のお仲間と思われる12.4%の方を除き、目的を持って又は明確な目的を持たず、将来のために貯金しているとは素晴らしいことだと思います。ただし、自分への投資がもう少しあったらなと自分のことを棚に上げて思います。 次に節約の件です。 お金のある?18.0%の人を除き、多くに人にとってお金を残すためには何かを節約することは当然のことです。ただし、第一や第二の使い道とのバランスを考えないと第三の使い道もあまり有効ではなくなる恐れがあります。(例えば、食費を節約するあまり体を壊す等々) このように考えると三分法とは割合の問題ではなく本人の目的と満足度から決まってゆくものだと思います。

朋祿会 税理士合同事務所

犬山忠宏税理士事務所 Hiura Tax Office 太鼓地会計事務所

シニアガイド 2016.07.07

pagetop