グリー元取締役が「6.6億円調達」で狙うこと | インターネット

2016.06.09

資金調達・融資

続きはこちらから

この記事へのボイス

今までは限られたテレビ局の番組をみんなで団体行動のように視聴していましたが、ネットの発達によって、各自が自由に自分の興味の赴くままに動くようになりました。この記事にある「テレビ離れ」、「スマホユーザー」、「動画」というキーワードは今後のビジネスとしてまだまだ成長余地がある分野だと思います。

櫻井昭一税理士事務所

0GOODボイス! |この税理士にコンタクト

2016/06/10

個人事業主であれ法人であれ、SNSを上手く使えば簡単にスタートできます。
ただし、肝心のビジネスモデルがしっかりしていないと成功は難しいですね。
常に様々な情報の収集に努め、変化に柔軟に対応していく必要がありますね。

「6.6億円も調達してどうするのか」
資金があれば人材の確保・M&Aなどをスムーズに行うことが可能になります。

中小企業の目下の課題は「人材確保」です。
いい人材を集めるにはやはり、待遇や職場環境などの整備が必要です。
コミュニケーション能力がない人が多いですからね。

税理士業界もコミュニケーション能力がない人だらけです。

以上

2GOODボイス! |この税理士にコンタクト

2016/06/10

このカテゴリに関連する記事

ベンチャーキャピタルから資金調達するために!必須の準備3つ 資金調達・融資

ベンチャーキャピタルから資金調達するために!必須の準備3つ

ベンチャーキャピタル(=VC)とは、将来有望な会社に出資して株式公開をサポートし、公開後に株式を売却することで利益を得ることを目的とした会社です。お金の無い起業家にとっては天使のような会社ですが、手当たり次第お金を出すわけではありません。VCからの資金調達に向けポイントを押さえておきましょう。

2Voices

アクアマネジメント松川会計事務所
ベンチャーキャピタルは、他人のお金をあなたに投資して、その結果として儲け(リターン)を得ることを仕事としている人達なので、けして天使じゃないのはご存知のとおりです。 彼らは、まず、 ①その事業は儲かるのか ②ビジネスモデルとして優位性はあるのか ③リーダーに適性はあるのか と、 「現在のマーケットや少し先のマーケットの状況」を掛け合わせて値踏みをします。 その値踏みで「おやっ!」と思えばあなたの話しを聞いてくれます。 そして、ベンチャーキャピタルが話しを聞く、そんなチャンスであなたが絶対に外してはいけないのは、あなたのビジネスの「ライバル」についてです。 「この事業にはライバルはいません、それほど素晴らしい事業なのです!」と言ってしまうと「こいつ分かってないな!」と一瞬で扉は閉ざされてしまいます。 「ライバルについて」の項目は最重要項目の一つです。 しっかりと書き込んで準備をしましょう。

アクアマネジメント松川会計事務所

首藤俊行公認会計士税理士事務所

TRUSTAX編集部 2016.01.06