2016.04.08

資金調達・融資

年金を担保にして合法的にお金を借りる制度
年金を支給されている状態で、一時的に資金が必要となった場合に、その公的年金を担保として小口の資金を低利で貸し付ける公的な貸付制度が2つ用意されています。
福祉医療…

続きはこちらから
リンク先:シニアガイド

この記事へのボイス

年金まで担保にしてお金を借りるというのは、最後の最後の手段なのかもしれませんが・・・その最後の手段に知っておいてもよい知識程度にしていたほうがよさそうですね。何はともあれそれ以前からのお金のやりくりをもっと考えていきたいですね。

浅野千晴税理士事務所

1GOODボイス! |この税理士にコンタクト

2016/04/18

このカテゴリに関連する記事

旬な資金の調達方法について 資金調達・融資

旬な資金の調達方法について

もっとも旬な資金調達方法には、クラウドファンディングが挙げられるのではないでしょうか。旬というだけで、決して一般的な資金調達方法にはなっていないことは前もってご理解のほどよろしくお願いします。

2Voices

クラウドファンディングは、大きく以下3タイプに分別されます。 ①投資型…組合契約等により資金を出資し、資金提供者に収益分配される。 ②寄付型…寄付として資金提供。(具体的なリターンはなし) ③購入型…資金提供の対価として、一定の製品等を支給(=購入) ④貸付型…その名の通り。(クラウドレンディングと呼ばれ、世界的には主流) 記事の通り、多様なニーズを満たす仕組みとしては、大きな可能性を秘めていますね。ただ、資金提供者側は、案件が玉石混合であることは間違いないので、提供資金が全て飛ぶ可能性もあることを念頭に少額を投資する、といった形が基本ですね。VCなどの相対の場と違い、不特定多数ということですから、どうしても事業実行者側の情報開示には限界があります。とはいっても、その情報開示の充実度が投資判断の重要な要素となりますから、手抜きはできません。情報開示という点と、ある程度のセーフティネット、この両立があってこそ日本でも本格普及するかどうか今後注目です。

藤原公認会計士事務所

TRUSTAX編集部 2016.03.30