2016.04.08

資金調達・融資

年金を担保にして合法的にお金を借りる制度
年金を支給されている状態で、一時的に資金が必要となった場合に、その公的年金を担保として小口の資金を低利で貸し付ける公的な貸付制度が2つ用意されています。
福祉医療…

続きはこちらから
リンク先:シニアガイド

この記事へのボイス

年金まで担保にしてお金を借りるというのは、最後の最後の手段なのかもしれませんが・・・その最後の手段に知っておいてもよい知識程度にしていたほうがよさそうですね。何はともあれそれ以前からのお金のやりくりをもっと考えていきたいですね。

1GOODボイス! |この税理士にコンタクト

2016/04/18

このカテゴリに関連する記事

創業融資のテクニック4選 資金調達・融資

創業融資のテクニック4選

創業融資は、継続融資と比較すると少し融資が難しい傾向にあります。決算書などその企業の判断材料がないからです。創業時に有利に融資してもらいたいものです。特にブラックの烙印(らくいん)をつけられたことがある人には気になるはずです。融資担当者に言ってはいけないワードなど、気を付けるべき点を紹介します。

2Voices

開業後は売上は多くの場合、右肩上がりを想定すると思いますが、融資を受けるためには金融機関に納得してもらうための根拠を示す必要があります。例えば、売上はいくつかのサービスや商品をグルーピングして(例えば、高額商品と低額商品の別、サービス内容の別etc)、単価×数量で計算します。また、1年目より2年目が増加する根拠(告知活動を実施するなど)も明確にする必要があります。その告知活動の中身も○○を月○万円、売上を支える人員は○人必要なので、月○○万円といった具合に積み上げて計算します。事業計画書で数値化していく過程で、課題も明らかになってくると思いますので、その都度、整理して数値化していきます。そうすることで、金融機関への説明も説得力ある内容になります。

小川健太税理士事務所

TRUSTAX編集部 2016.01.06