税理士探しの新しいかたちを提案するTRUSTAX

会社設立に関する記事と税理士の声、プロボイス

プロボイスは、税や経営に関連した記事やコラムに対し専門的な知識をもとに税理士が実名でコメントするオピニオンメディアです。
記事と専門家のオピニオンを合わせて読むことで、税や会計、起業や経営ノウハウなどの知識を多角的に得ることができます。

会社設立の資金はどれぐらい必要なのか? 会社設立

会社設立の資金はどれぐらい必要なのか?

会社設立の資金はどれぐらい必要なのか、会社を設立する際に必要になる費用について考察してみよう。

4Voices

朋祿会 税理士合同事務所
会社というのは営利を目的とした人の集まり(社団)に人格を認められた組織をいいます。 会社には会社法上、株式会社、合同会社、合資会社、合名会社の四種類あり、他に有限会社があります。有限会社は旧会社法制の経過措置で存在する名称で新たに設立することはできません。 さてタイトルの「会社設立の費用」ですが、狭義には記事のとおりでしょう。しかし、実際には事業を開始するのですからそのための資金が必要です。これには事務所の賃借料や人件費その他諸費用そして大事な商品や原材料の仕入れの費用が必要です。卸売業なら最低でも半年分は無いと資金ショートしてしまいます。会社を設立するということは形を作るだけではなく営業開始して利益を出すに至るまでをいうのだと思います。 蛇足ながら、記事に資本金は、「会社に預けるお金になります。そのため、費用とは言えないのですが、必ず必要になってくるお金です。」との説明があります。しかし、資本金は会社の基本財産で、経営者などの個人保証を除き第三者が担保とできる唯一のものです。このため、瞬間的にのみ出資した形をとる「見せ金」行為は違法です。

朋祿会 税理士合同事務所

上杉浩明税理士事務所 太鼓地会計事務所 渡部会計事務所

TRUSTAX編集部 2016.07.07

簡単になった会社設立の手続き ~おさえておきたい現行の会社法 会社設立

簡単になった会社設立の手続き ~おさえておきたい現行の会社法

2006年(平成18年)5月に新会社法が施行され、「有限会社制度」が廃止されました。それに伴い、「株式会社」の設立要件が緩和され、設立手続きも簡略化されています。また、最低資本金「1000万円」が「1円」になり、以前に比べて設立のハードルがかなり下がりました。今回は、株式会社設立の要件と手続きについてご説明します。

5Voices

公認会計士酒井健一事務所
会社の設立手続はコラムのとおりです。会社には株式会社以外に合同会社があります。合同会社の役員は取締役でなく社員という呼称になります。呼称に拘らなければ、合同会社の方が設立コストが少なくて済みます。定款の認証が不要ですので、その部分のコストは削減できます。また、登記費用も最低6万円からと株式会社よりも少なくて済みます。個人事業を会社化する場合は、一つの選択肢ではありますね。さらに、会社設立後には関係官公庁へ届け出が必要です。以下税務関係の届出を列挙してみました。労働基準監督署などの届出も必要です。設立後、専門家に相談されるのがよろしいと思います。 税務署への届け出 法人設立届出書 給与支払事務所等の開設届出書 青色申告の承認申請書(任意ですが原則、設立後3ヵ月以内) 源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書兼納期の特例適用者に係る納期限の特例に関する届出書(任意) 都道府県税事務所への届け出(財務事務所・地方振興局等の場合もあります) 法人設立届出書 市区町村役所への届け出 法人設立届出書(東京23区は不要)

公認会計士酒井健一事務所

たかがき会計事務所 藤本総合会計事務所 武嶋税理士事務所 竹中稔会計事務所

TRUSTAX編集部 2016.04.27

合同会社の方がお得!?株式会社との違い5つ 会社設立

合同会社の方がお得!?株式会社との違い5つ

合同会社とは、有限会社の新設廃止に伴って、2006年に出来た新たな会社の形式です。したがって、今後、個人事業から脱して会社の設立を考える際には、株式会社か合同会社のどちらかを選択することになります。それでは、それぞれのメリットとデメリットはいかなるものか見ていきましょう。

5Voices

税理士法人  青山会計
20代の社長様と昨年12月契約をさせていただきましたが、はっきり合同会社のほうが費用が安いから、合同会社にしたと言ってましたね。得意先も今のところ、知り合いのとこだけだから、特に困らないとのことでしたが、新規の得意先を獲得したり、社員を入社させたりするには、やはり合同会社はマイナーで不利ですね。名刺には代表取締役って書いてありましたけど、本来は業務執行社員という肩書になりますよね。株主総会(社員総会)も開催する必要もないので、株式会社の役員にあたる、合同会社の業務執行役員については法人税上の役員給与に該当します。役員給与の定期同額給与規定が働くので、なんらかの形で、業務執行役員の給与決定決議の過程を紙ベースで残しておくべきでしょう。

税理士法人 青山会計

田村会計事務所 首藤俊行公認会計士税理士事務所 公認会計士酒井健一事務所 Hiura Tax Office

TRUSTAX編集部 2016.01.06

設立すべき会社がわかる!会社の種類について 会社設立

設立すべき会社がわかる!会社の種類について

2006年より施行された新しい会社法では、従来あった「有限会社」を廃止し、「株式会社」に統合されたり、設立の条件となる資本金の金額が変更になったりするなど、あらたな内容への変わる事項がありました。そこで、設立に向け理解しておきたい、新会社法による会社の種類について、ご紹介します。

3Voices

首藤俊行公認会計士税理士事務所
開業当初から会社を設立する場合、個人事業主が法人成りする場合、いずれのケースでも「株式会社」か「合同会社」で迷われる方が多くいらっしゃいます。株式会社の知名度は高く、経営に携わっている方以外にも広く知られていますが、合同会社は比較的知られていないようですね。事業を行う上で、個人事業主では取引先の条件を満たさないため、とにかく法人格が欲しい、取引上の契約関係を個人ではなく法人に纏めたい等、会社であれば良い場合は、組織運営が比較的柔軟に出来る合同会社を選択するのもよいと思います。その後、株式会社へ組織変更するのも可能です。同じ会社でも「株式会社」と「合同会社」では、設立手続や運営方法に違いがありますので、基本的な違いを理解して選択しましょう。

首藤俊行公認会計士税理士事務所

朋祿会 税理士合同事務所 小川健太税理士事務所

TRUSTAX編集部 2016.01.06

pagetop